初心者必見!ラグビールール一覧を見る >>

ラグビー日本代表に外国人選手ばかりなのはなぜ?外国人選手が日本代表メンバーになるための条件

 

 

 

導入文

ラグビー日本代表を見てみると、外国人選手が多いことに疑問を抱く方も多いことでしょう。

特に日本の場合島国ということもあり、外国人選手が出場していることに違和感を覚える方も少なくないかもしれません。

しかし、外国人選手が代表に所属することは日本代表に限ったことではありません。

 

ラグビー日本代表の外国人選手と国籍

例としてラグビーW杯2019日本大会の外国籍選手をあげてみましょう。

FW

・具 智元(韓国)

・中島 イシレリ(トンガ)

・ヴァル アサエリ愛(トンガ)

・トンプソン ルーク(ニュージーランド)

・ヴィンピー・ファンデルヴァルト(南アフリカ)

・ヘル ウヴェ(トンガ)

・ジェームス・ムーア(オーストラリア)

・ツイ ヘンドリック(ニュージーランド)

・リーチ マイケル(ニュージーランド)

・ピーター・ラブスカフニ(南アフリカ)

・アマナキ・レレイ・マフィ(トンガ)

BK

・アタアタ・モエアキオラ(トンガ)

・レメキ ロマノ ラヴァ(ニュージーランド)

・ウィリアム・トゥポウ(ニュージーランド)

・ラファエレ ティモシー(サモア)

W杯メンバー31人中15人が外国籍選手でした。

約半分が外国籍選手なので、かなり多いという印象を持たれる方も多いでしょう。

 

外国人選手が多いのはラグビー日本代表だけでない

そもそも外国人選手が多いのは、ラグビー日本代表に限った話ではありません。

ラグビーW杯2015年の諸外国の外国人選手割合を見てみましょう。

・ウェールズ(12人)

・スコットランド(12人)

・フランス(10人)

・オーストラリア(9人)

・日本(11人)

日本はティア1の強豪国と比較すると同程度ですし、ウェールズやスコットランドは日本よりも外国人選手の割合が多い結果となっています。

 

日本人=ラグビー日本代表は時代遅れ

ラグビー日本代表は日本人でなくてはならないというのは少々時代遅れかもしれません。

重要なのは「日本の為に戦いたい」と思う気持ちの強さです。

来日した外国人選手は、これまでサポートして来てもらった方の為に戦いたいという選手も少なくありません。

その最たる例がリーチ・マイケル選手です。

リーチ選手はニュージーランドやフィジーの代表になる資格もありましたが、リーチ選手が高校2年生の時に実家が火事になるという不幸に見舞われました。

しかし、高校のラグビー部の監督が義援金を集めてくれ、リーチ選手には何も言わずに実家に送ってくれていたことを後に知ることになりました。

このエピソードを受けてリーチ選手は「その恩はラグビーで返すしかない。何があっても、日本以外の国の代表になるわけにはいかないと思いました」と語っています。

このように、学生時代にお世話になった恩師のためなど、これまで携わった方々に恩返しをしたいと考える外国人選手も数多くいます。

 

外国国籍の選手が当該国の代表になるための条件

外国国籍選手が他国の代表となる条件は以下のようなものがあります。

①本人が当該国で生まれている。

②両親、もしくは祖父母のうち1人が当該国で生まれている。

③本人が3年間以上当該国に住み続けている。(2020年末からは5年以上に条件変更)

上記の3つの条件に加えて、大前提として他国の代表になったことがないことも条件となります。(年齢制限の代表などは含まれません)

一度当該国の代表となると、その国以外の代表になることはできません。

つまり、日本代表になることのよって、例え出生国であっても二度とその国で代表になれません。日本代表になるということは母国の代表を諦めるという選択が必須であり、中途半端な意志では到底できない決断であると言えます。

 

日本人は島国文化だから違和感を持ちがちだけど世界全体を見ると普通

昨今では移民問題などでも取り出さされるように、世界中では人種の概念が曖昧になりつつあります。女子テニスでは大坂なおみ選手や、陸上ではサニブラウン選手、NBAでは八村塁選手など、日本人のハーフ選手が世界の舞台で活躍している事実もあります。

肌の色やバックボーンなどよりも、「日本のために」といった気持ちの部分の方がより重要だと言えそうです。

また、外国人選手は君が代を必死に練習したり、日本の文化を積極的に学んだりと、それらの姿勢は日本人よりも日本人らしいようにすら考えさせられます。

 

ラグビー日本代表の外国人選手まとめ

今回はなぜラグビー日本代表に外国人選手が多いのか解説しました。

日本代表となるためには生半可な覚悟ではなることができません。

祖国の代表になるチャンスを捨て、日本代表の為に身体を張って働く姿は素晴らしいです。

また、外国人選手にはそれぞれ日本代表になったきっかけというものがあります。

それらの背景に注目してみることで、外国人選手への思い入れもより一層増えることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です