初心者必見!ラグビールール一覧を見る >>

オフロードパスとは?海外の反応と合わせて紹介

タックルを受けながらボールをつなぐオフロードパスは、ラグビーワールドカップ2019年大会で日本代表をベスト8に導く大きな武器となりました。

綺麗に決まれば攻撃のチャンスを広げるオフロードパスですが、非常に難易度が高いスキルといわれており、日本代表選手のように自分にもオフロードパスが出来るのかと疑問に思う人も多いと思います。

そこでこの記事では、オフロードパスの魅力とオフロードパスは練習すれば出来るようになるのかを、ラグビーファン歴10年の私が解説します。

具体的には
・オフロードパスとは?
・世界に衝撃を与えた日本代表のオフロードパス
・オフロードパスは練習して出来るようになるのか
・世界のオフロードパス名場面
の順番で説明していきます。

1分ほどで読むことが出来て、オフロードパスの魅力を知るとともにオフロードパスの疑問が解消できますのでぜひご一読ください。

ラグビーのオフロードパスとは?

オフロードパスとは、タックルを受けながら行うパスをいいます。

ラグビーは、タックルを受けて倒れるとボールを手放す必要があり、倒れてもボールを持ったままでいると反則をとられます。

しかし、タックルを受けても倒れる前にボールを放せば反則にはならないため、連続して攻撃を行う時にはオフロードパスが非常に有効です。

ラグビーワールドカップ2019年大会でも、日本代表を筆頭に数多くのオフロードパスが見られました。

日本代表スコットランド戦の4連続オフロードパスで稲垣トライが話題に

ラグビーワールドカップ2019年大会のスコットランド戦でみせた、4連続オフロードパスで稲垣選手がトライしたシーンは、日本だけでなく海外でも話題となりました。

敵陣中央で田村選手のパスを受け取った堀江選手が、タックルをいなしながらのオフロードパスでオーストラリア出身のジェームス・ムーア選手につなぎ、ムーア選手がニュージーランド出身のウィリアム・トゥポウ選手につなぎます。

タックルを受けながらトゥポウ選手がプロップの稲垣選手にオフロードパスをつなぎ、稲垣選手は代表初のトライをあげました。

フォワード・バックスの選手がポジションに関係なくボールをつなぐトライとなり、出身地や国籍を越えてONE TEAMとなった日本代表を象徴するプレーです。

海外の反応

4連続オフロードパスのトライについて、海外の反応をまとめました。

オフロード天国。今大会のベストトライのひとつだ。

信じられないオフロードだ。素晴らしいチームトライ。

https://twitter.com/bitacorarugby/status/118334134677134

壮大なトライ!魔法のようにつながっている。

海外でもオフロードパスをつないでのトライは話題になり、各国のメディアが素晴らしいトライだったと取り上げています。

ワールドラグビーが選出した、ワールドカップ2019年大会の予選プールベストトライ5選に入り、南アフリカメディアの大会ベストトライで2位に選出されるなど、高い評価を受けました。

オフロードパスは練習して出来るようになる?

オフロードパスは、練習を重ねれば出来るようになる可能性があります。

オフロードパスは身体が安定した状態でボールを放ると成功する確率があがるため、タックルを受けたあとに身体を安定させ止まった状態で、味方にパスをする練習で基礎を磨きましょう。

タックルを受けながらパスをするため、
・タックルを真正面から受けずにタックルを受けるポイントをずらす
・身体を倒しながらパスが出来るだけの体幹を手に入れる
・相手の選手にボールを取られないように相手から離れた位置でボールを持つ
ことが必要です。

オフロードパスの名場面集の動画

2019年大会で各国の代表選手が魅せたオフロードパスをまとめています。
2019年シーズンのベストトライにも選ばれた、TJ・ペレナラ選手のトライにつながるオフロードパスは絶品です。

ニュージーランド代表オールブラックスでプレーした、ソニー・ビル・ウィリアムズ選手のオフロードパスをまとめた動画です。
オフロードパスは、彼の代名詞といえます。

フライング・フィジアンズの愛称で知られる、フィジー代表のオフロードパスがまとめられています。
フィジー代表のラグビーは、フィジアン・マジックと呼ばれる魔法のようにボールがつながる魅力的なラグビーです。

ラグビーのオフロードパスのまとめ

オフロードパスは日本代表の武器のひとつであり、非常に魅力的で難易度が高いスキルですが練習を重ねることで出来るようになる可能性もあります。

代表クラスの試合はラインディフェンスが堅く、ラックでポイントを作ってボールをつなぐだけでは突破が難しくなっています。
そのため、タックルを受けながらボールをつなぐオフロードパスは非常に有効的です。

オフロードパスを使うことで相手のディフェンスが整わないうちに攻撃を継続することが出来、攻撃の幅が広がりディフェンスを突破する可能性が高くなります。
しかしオフロードパスは効果的なスキルであると同時に、失敗すると相手に大きなチャンスを与えてしまうためオフロードパスを行うときは状況判断が重要です。

オフロードパスはハイリスクハイリターンなプレーなので、代表選手のようにオフロードパスを実践したいときは、地道な練習を重ねて習得してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です