初心者必見!ラグビールール一覧を見る >>

ラグビーのフェーズって?動画付きで詳しく解説

今回はラグビー用語のひとつである「フェーズ」について解説していきます。

ラグビーのフェーズとは

ラグビーの試合中継で「フェーズを重ねる」などの表現を度々耳にすることがありますが、フェーズとは簡単に言うと「オフェンスが攻撃を続けた回数のこと」を言います。

フェーズはラックやモールなどのポイントができてから、次のラックやモールができるまでのプレーを1フェーズとしてカウント。

ミスや反則でプレーが中断されない限りカウントされ続けるため、フェーズの回数が増えれば増えるほどノーミスでボールをキープし続けられているということになります。

オフェンスが有利なのか?

フェーズが続くということは、ミスなくボールをキープして攻め続けている状態なので一見オフェンスが有利のように思えますが、いくら攻め続けても前進して陣地を広げられなければディフェンスにうまく守られているということになります。

こちらの動画が非常にわかりやすくなっています。

 

37フェーズも攻め続けたものの決め手を欠き、うまく守り切られているのがわかります。

反対にこちらの動画はオフェンスがうまく攻め続けたことでトライにまで持ち込むことができています。

 

 

フェーズが続くと得点画面に回数が表示されるので、その辺りも注目しながら観戦すると一層楽しむことができるのでチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です